多発性骨髄腫の患者さんのなかには、再発を経験される方も少なからずいらっしゃいます。再発とは何か、再発した場合の治療、あるいは再発した時の心構えなどを、山崎悦子先生(横浜市立大学附属病院 臨床検査部 部長・准教授)にわかりやすく解説していただきました。

応用編

再発とどう向き合うか

山崎悦子 先生
横浜市立大学附属病院 臨床検査部 部長・准教授

先生からのメッセージ

いい時期もあれば悪い時期もありますが、主治医の先生とよく相談しながら、病気とうまくおつき合いしていきましょう

多発性骨髄腫は原則として治りにくい病気ですので、たとえ再発してしまったとしても、生涯、病気と仲良くつき合っていくことが大切です。闘病生活の過程では、いい時期もあれば悪い時期もあるかと思いますが、主治医の先生にご自分の気持ちや希望などを話して、先生と相談しながら病気とうまくおつき合いしていきましょう。長いおつき合いになる病気ですから、私たち医師も、それぞれの患者さんが何を大事にされているのかを尊重しながら、患者さんに寄り添って、一緒に頑張っていきたいと思います。

今はいろいろなお薬がありますし、今後も新しいお薬が出てくると思いますので、再発してもあきらめずに、病気とうまくつき合いながら、その間を有効に過ごすことが大切ではないかと思います。