お薬について知ろう

薬剤師の役割とは

Q1.
薬剤師は、患者さんにどのようなサポートをしているのですか?
A1.
お薬を正しく服用していただき、期待している効果が十分に得られるように患者さんをサポートしています

最近、いろいろな病院で医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など、さまざまな専門スタッフからなる医療チームがつくられ、患者さんの治療やケアにあたるようになってきました。そのなかで薬剤師は、薬の専門家として、患者さんにお薬を正しく服用していただき、期待している効果(病気がよくなる、患者さんの生活の質が上がるなど)が十分に得られるようにサポートするという役目を担っています。

まず、薬剤師にとっていちばん重要な仕事は、医師の処方箋に基づいて、一人一人の患者さんにお薬を準備することです。しかし、単にお薬を渡すだけではなく、“この患者さんはお仕事をされているのか“、”ご家族といっしょに生活されているのか“、“薬を飲むように指示されている時間帯は、この患者さんにとっていちばん都合のよい時間帯なのか”、あるいは何種類かのお薬が処方されている場合には“この薬とこの薬の相性は大丈夫だろうか”などを総合的に評価し、これなら大丈夫だと判断した上で、お薬をお出しするようにしています。特に、はじめてのお薬を服用される患者さんには、十分な説明を行い、お薬に関する理解を深めていただく手助けをしています。

また薬剤師は、患者さんのご家族に対しても、お薬に関して十分な説明を行うようにしています。特に、飲み薬を服用している患者さんでは、ご家庭が治療の場になりますから、患者さんを直接サポートされているご家族への説明は非常に大切だと思っています。

さらに、施設によっては、がん患者さんの治療に“がん専門薬剤師”、“がん薬物療法認定薬剤師”という資格をもった薬剤師が大きく関わっている場合もあります。これは、がん薬物治療に関する知識や技能のトレーニングを積んだ薬剤師のことです。これらの資格をもった薬剤師は、医師とは違う立場から、広くお薬全般についての情報を提供し、医師と連携して最適な薬物治療が行えるように取り組んでいます。

(北田徳昭先生)