安心して治療を続けるために

闘病生活で不安を感じたら

Q3.
闘病生活で不安や疑問を感じたとき、どうしたらよいでしょうか?
A3.
一人で悩まないこと、焦らないことが大切です

病院のスタッフに相談しよう

闘病生活では、不安や疑問を感じることがあります。「これを食べてもいいのか」、「これはまだ食べてはいけないのか」といった食事に関すること、あるいは「体力がなかなか思うように戻らない」といった体力的なこと、あるいは気になる症状があるときなど、何か不安や疑問に思うことがあれば、主治医の先生でも看護師でもいいですから、相談してください。そうは言っても、「こんなことで相談したら悪いのではないか」などと気を使って、なかなか相談できないという患者さんが多いようですが、大切なのは、一人で悩まないことです。病院では皆、連携して一人一人の患者さんのケアに当たっていますから、誰に相談されても、“患者さんが何を不安に思っていらっしゃるのか”、“どのような症状が出ているのか”はチーム全員で気にかけるようにしていますので安心してください。

また、病院によっては、“がん化学療法看護認定看護師”という、がん化学療法(抗がん剤による治療)について専門的な知識・技術をもった看護師がいるところもあります。“がん化学療法看護認定看護師”は、患者さんやそのご家族に指導ができる資格をもっています。治療だけでなく、困ったことや聞きたいことがあったら、なんでも相談してみましょう。

移植を受けた患者さんは焦らないで

移植を受けて、退院された患者さんのなかには、すぐに仕事復帰できず、その間、「家で何をして過ごせばいいのか」、「そろそろ仕事に行ってもいいのだろうか」、あるいは仕事に復帰しても「前と同じように働けない」など、体力がなかなか戻らないことに不安や焦りを感じている方も多いと思います。しかし、移植を受けた患者さん、特に同種移植(他の人から移植を受けること)を行った患者さんの場合、退院後1〜2ヵ月程度では体力は戻りませんので、時間をかけて体を慣らしていくようにしましょう。移植後の患者さんは皆さん、同じです。焦りは禁物です。

同種移植を受けて退院された患者さんでは、GVHD(移植片対宿主病)に対するケアも必要です。GVHDとは、ドナーの白血球が患者さんの体を異物とみなして攻撃することですが、それによって口内炎や皮疹(皮膚に赤いブツブツや湿疹などができること)、目の乾燥といったさまざまな症状が起こりますので、注意が必要です。ただ、早急に治療が必要な症状がある一方で、もう少し我慢して、ここをこうしたら、もう少し楽になるかもしれないという症状もあります。ご自身で判断せずに、気になる症状がみられたら病院に連絡してください。

患者さんのご家族へのアドバイス

患者さんだけでなく、ご家族も、何かあれば遠慮なく看護師に相談してください。特に移植後の患者さんは精神的苦痛を感じたり、うつになるケースが多いようですので、「何かおかしい」と感じたら、ぜひ知らせてください。一方、患者さんのご家族のなかには、過度の心配をされるケースがあります。「本人がこんなことをしたいと言っているけれど、させてもいいのか」、「感染症が心配だから外に出さないほうがいいのでは」といった相談がたまにありますが、“退院できた”あるいは“入院しなくてよい”ということは“通常の日常生活を送ってもかまわない”ということですから、過度の心配はしないようにしましょう。患者さんの状態にもよりますが、外を歩くことも大切です。

患者さんが病院のスタッフと面談される際、ご高齢の患者さんの場合にはご家族が同行されるとよいと思います。また、患者さんが男性の場合には、家事や身の回りのことをされる女性のご家族などがいっしょに面談されるのがよいでしょう。