治療を続けていくなかで、疑問に思ったり、不安や焦りを感じたりしたとき、看護師のアドバイスや手助けが非常に心強く感じられます。がん化学療法看護認定看護師の横田宜子さん(原三信病院 看護部 がん化学療法看護認定看護師)に、多発性骨髄腫のチーム医療のなかで看護師がどのような役割を担っているのか、また患者さんをどのように支えていらっしゃるのかなどについてお話を伺いました。

応用編

安心して治療を続けるために

横田宜子 さん
原三信病院 看護部 がん化学療法看護認定看護師

看護師からのメッセージ

看護師は橋渡し役なので、なんでも相談してください

私たち看護師は、いわば“専門性のない専門職”です。治療のほか、患者さんの日常生活のケアやリハビリなどにもかかわっていますし、また患者さん、患者さんを支えている医療スタッフとご家族の間の“橋渡し”、あるいは“潤滑油”としての役目も担っています。先生に相談しにくい場合や誰に聞けばよいかわからない場合などは、いつでも看護師に相談してください。「この薬はどうやって飲むんだっけ」など、些細なことでもかまいません。一人ではなかなか乗り越えられないこともありますが、先生だけではなく、看護師も薬剤師もリハビリの先生も、必要なときはみんなでサポートしますので安心して治療を続けていきましょう。

また、多発性骨髄腫はなかなか治りにくい病気ですが、あきらめずに、意欲をもち続けて治療を受けていただきたいと思います。続けることで、しっかりと骨髄腫細胞を減らすことが、よい状態を長く続けることにつながるからです。一方、病気の状態や体調がよくなってくると、病気のことや、治療を継続しないといけないことが、わずらわしく思ってしまうこともあるかもしれません。そんな時こそ「治療や健康管理を続けているからこそ、調子がいいんだ」ということを忘れないようにしましょう。感染予防については厳しく考え過ぎずに、基本的な手洗いやうがいなどでよいと思います。発熱などの気になる症状がみられたら、すぐ受診するといったように、生活していくことが大切です。