多発性骨髄腫と似たような症状や検査値を示し、多発性骨髄腫の仲間と考えられている病気がいくつかあります。このなかから「POEMS(ポエムス)症候群」、「全身性ALアミロイドーシス」、「原発性マクログロブリン血症」を主に取り上げ、病気の特徴や多発性骨髄腫との違いなどについて、奥野豊先生(熊本大学医学部附属病院血液内科 准教授)にわかりやすく解説していただきました。

基礎編

多発性骨髄腫と似ている病気

奥野豊 先生
熊本大学医学部附属病院血液内科 准教授

先生からのメッセージ

専門の医療機関を受診して、きちんと治療を続けていれば徐々に症状は改善されます

POEMS(ポエムス)症候群は、自家末梢血幹細胞移植や抗がん剤、あるいは抗がん剤とは異なるタイプのお薬を用いて治療を行います。“立てない”、“歩けない”というのは患者さんにとって非常に大きなダメージとなり、暗い気持ちになってしまうことがあるかもしれませんが、きちんと治療を続けていれば徐々に症状も改善し、歩けるようになります。

全身性ALアミロイドーシスは、治療を行わなければ予後(病気の状態)がきわめて不良で、早期に治療を開始する必要があります。最新の治療により、多くの患者さんで完全寛解(かんぜんかんかい;がんなどの症状やがん細胞が完全、あるいはほぼ完全に消失する効果が得られた場合)や、フリーライトチェーン*の正常化がもたらされるようになりました。ただし、もし治療を開始する前に心不全や、ネフローゼ症候群から腎不全に進んでいると治療が難しくなる場合がありますので、できるだけ早期に診断を受け、症状が進行する前に治療を開始することが大切です。また、仮に再発しても治療選択肢がほかにもありますので、再度、完全寛解を達成することも可能です。

POEMS症候群や全身性ALアミロイドーシスはあまり詳しく知られていませんが、専門の医療機関を受診して、きちんと治療を続けることが大切です。


*FLC(フリーライトチェーン)検査は、M蛋白の一部であるFLC、すなわち遊離軽鎖(ゆうりけいさ)の量や種類を測定する検査です。(Q2の図参照)