“自家造血幹細胞移植”は、多発性骨髄腫の患者さんに非常に効果の高い治療法です。自家造血幹細胞移植がどのような治療なのか、また移植の手順や移植前後の注意点などを、中田匡信先生(社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷浜松病院 血液内科部長)にわかりやすく解説していただきました。

基礎編

自家造血幹細胞移植ってどんな治療?

中田匡信 先生
社会福祉法人 聖隷福祉事業団
総合病院 聖隷浜松病院 血液内科部長

先生からのメッセージ

多発性骨髄腫に対して自家造血幹細胞移植が行われるようになり、多くの患者さんにおいて病状を改善することができるようになりました

造血幹細胞移植は、多発性骨髄腫の原因となる骨髄腫細胞を、大量の抗がん剤により死滅させた後、正常な血液をつくる細胞(造血幹細胞)を患者さんに移植して、造血機能を回復させる治療です。あらかじめ採取しておいた患者さん自身の造血幹細胞を移植する“自家造血幹細胞移植”が普及したことにより、多くの多発性骨髄腫の患者さんにおいて病状を改善することができるようになりました。

しかし、自家造血幹細胞移植を行うためには、大量の抗がん剤の副作用などに耐えられるだけの十分な体力や内臓機能が必要です。また、抗がん剤は、骨髄腫細胞だけでなく正常な血液細胞も一時的に減少させますので、白血球数の減少により免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったりするために、治療後も日常生活において、さまざまな注意が必要となります。

ここでは、自家造血幹細胞移植がどのような治療なのか、また移植の手順や移植前後の注意点などをご紹介します。移植によるメリットとデメリットなどを主治医の先生とよく話し合った上で、治療に臨みましょう。