多発性骨髄腫の患者さんの多くにみられる骨の障害について、どのような症状がみられるのか、どのような検査を行うのか、また骨を守るためにどのような方法があるのかを、和泉透先生(栃木県立がんセンター血液内科科長)にわかりやすく解説していただきました。

基礎編

骨を守るために

和泉透 先生
栃木県立がんセンター
血液内科科長

先生からのメッセージ

骨の痛みを我慢せずに、主治医に相談して適切な治療を受けましょう

骨の障害(骨がもろくなる、骨折、骨が痛い、など)を改善するには、まず“多発性骨髄腫そのものを治療する”ことが最も大切です。多発性骨髄腫では最近、治療法がかなり進歩し、非常に効果のあるお薬が出てきました。これらを適切に用いて、多発性骨髄腫そのものを治療できれば、骨の障害も回復し、今後起こり得る骨の障害も予防できる可能性があります。

一方、骨の障害に対する治療薬もかなり進歩しています。骨に痛みがある患者さんにとっても、効果的な痛み止めがありますので、痛みを我慢せずに主治医に相談しましょう。

患者さんのなかには、骨に痛みがあっても、主治医にうまく伝えるコツがわからないという方がいらっしゃるようです。その場合は、たとえば「これまでは椅子からスッと立ち上がれていたのに、最近できなくなりました」というように、“今までできていた動作ができなくなったんだ”という伝え方にするとよいでしょう。また、外来ですべての症状を主治医に伝えるのがむずかしい場合には、受診する前に症状や聞きたいことなどをメモに書いて、それを見せることも1つの方法です。